スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 「SP1位を祝福してくれなかった発言」 ⇒ 捏造 | main | 「真央とは友達でない・真央がこけたらほっとする」 ⇒ ウソ >>

「キムヨナじゃない。キムヨナお姉さんでしょ」 ⇒ 朝鮮日報へのメッセージ



 「小学生の子供が「キムヨナだ」というと「キムヨナじゃない。キムヨナお姉さんでしょ」とげんこつで殴りたくなる。」

 というヨナの文章である。なかなか面白い発言である。
 これは2009/05/08に朝鮮日報という、韓国の新聞に載せられたキム・ヨナからのメッセージである。

 これは、解説する事も特にないので、全文転載する。


【引用開始】
こんにちは。キム・ヨナです。先月帰国したのがついこの間のような気がしますが、トレーニング先のカナダ・トロントに戻るまであと二日となりました。
今回は、来年2月の冬季オリンピック(カナダ・バンクーバー大会)に向けて、準備を本格的に始めることになります。

わたしがシニアに初めて転向した2006年のことを思い出します。
その年の12月にロシアで行われたGPFで優勝したとき、わたしのことを知る人はあまり多くありませんでした。
『キム・ヨナ選手じゃない?』と、喜んでくださる方がいると、『あまり人気のないスポーツなのに、わたしのことを知っていてくださるファンもいるんだな』と、不思議に思いながらも胸が熱くなりました。

先月の世界フィギュアスケート選手権で優勝した後、空港の入国ゲートに立ったときは、驚くほどに大勢の報道陣や出迎えの方々にお会いしました。
わずか2年でわたしは別の人になってしまったような気がして、こうした現実に驚きました。


ですが、時がたつにつれ、わたしを見つめる周囲の視線を意識するようになったのは、仕方がないと言えるでしょう。
街を歩いているとき、後ろから『キム・ヨナだ』と、ひそひそ話が聞こえてくると、思わずビクッとします。
多くの方々がわたしの顔をじっと見て、カメラ付き携帯電話で写真を撮り、『サインをしてほしい』と、言って集まって来ます。


有名になったことで、いいこともたくさんあります。
CMモデルや広報大使として活動したり、ファンの方々にプレゼントをいただいたり、飲食店では特別なサービスを受けたりもします。
そして何よりも今は自分のスケート技術向上のため惜しみなく投資できますし、決して多くはありませんが何人かの後輩たちを手助けする余裕もでき、うれしいです。


ところが、不便になったこともたくさんあります。
観光・ショッピングはもちろん、地元で友達に会うのも困るほど、外出がままなりません。
ミニHPに1行書き込めばすぐに数百件ものコメントが寄せられ、ポータルサイトには連日、関連記事・写真が次々と掲載されています。


どこにあるかも分からないカメラや視線を意識するということは、少なくともわたしのように素のままに行動するのに慣れた人間にとっては、かなりつらいことです。
時々ですが、逆にわたしは冷遇されているのではないかと思うときがあるほどです。


街を歩いていると、小学生と思われる子供に『あ、キム・ヨナだ』と、大声で言われ、すぐに、『キム・ヨナって何よ。キム・ヨナお姉さんでしょ』と、ゲンコツをしたくなるときもあります。


わたしの行動や発言に対し、いい方に受け取ってくださる方々は本当にありがたいと思いますが、その一方で『過剰包装』になっていくようで怖いという気持ちもあります。
また、スターになって困ることや不満なこともあるため、時々スポーツ・スターではなく、普通の学生になれたらと思うことがあるのも事実です。


それでも、今は『わたしは公の立場にいる』ということを繰り返し自分自身に言い聞かせています。
今年になってより一層多くの方々がわたしのことを『大韓民国の希望』として応援してくださいます。
わたしが国際大会でいい演技ができるのも、国民の皆さまがくださる愛への小さな恩返しではないかと思っています。


わたしが今後スポーツ選手としてどれだけ活動できるかは分かりませんが、はっきりしているのは、現役選手としての生活よりも、引退後の人生のほうが長いということです。
現役選手として成功したからといって、必ずしも人生でも成功するとは言えないでしょう。
もしかしたらスポーツ・スターとしての成功は、人生の成功の出発点ではないかとも思います。


今後もっと大きなスターになっても、わたしは変わらないでしょう。
これまでも、今も、そしてこれからもわたしはありのままのキム・ヨナであり続けるだけです。
ただ、わたしのことを応援してくださる方々に、『いい演技をするためベストを尽くしたすばらしい選手』として記憶してもらえたらうれしいです。
それこそ、わたしが一番大切に思っている価値でもあります。


一生懸命頑張っているわたしを、これからも見守っていてください。
読んでくださりありがとうございました。

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/news/20090508000035
http://www.chosunonline.com/news/20090508000036

【引用終わり】





| - | 15:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 15:29 | - | - | pookmark |
Trackback
url: http://yuna-justice.jugem.jp/trackback/7

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--